子供を小学校受験させることの意味

子供が幼稚園や保育園から卒園する頃が見えてくると小学校受験をさせるかどうかで悩むことは珍しくはありません。公立小学校に通わせるのと比較して何が違うのかをよく考えて小学校受験に取り組んでいくかどうかを検討しましょう。

子供の将来性を決める小学校受験

小学校受験をして私立小学校に合格したときには子供の将来に大きな違いが生じます。ほとんどの小学校の場合には中学校、高校といった形で進学先が保証されているのが特徴だからです。さらには大学までもつながっていることがあり、小学校に合格した時点でほぼ将来の学歴が決まることになります。中には内部進学で落ちてしまったり、途中から外部受験をしたりする例もありますが、通常は行けるところまで進学するという道を辿るでしょう。学歴社会ではなくなってきたとはいえ、未だにどの大学の卒業かというのは社会的な立場を決める上で大きな要素になっています。小学校受験をすることによって子供の将来性が大きく左右されるという点は留意した方が良いでしょう。

受けられる教育の違い

小学校受験をすると、その先の進学の予定に応じて特殊なカリキュラムが組まれています。中学までや高校までとなっている場合には、教育内容をできるだけ早く終わらせて、高学年になったときには受験指導を授業として行うようになっているのが一般的です。そのため、通常よりも速い進度で授業が行われていくことになります。これは一長一短であり、能力の高い子供にとっては無駄なく教育を受けていくことができますが、追いついていくのが大変になってしまう学力の子供は、勉強嫌いになるリスクを抱えることが問題となります。能力に見合った授業の進度があるかどうかが大きな問題になるので、小学校受験をするときには学校のカリキュラムの考慮が重要になります。

得られる人脈にも大きな差

小学校受験をして系列の中学校、高校と進んでいくと周囲にいる友だちはほとんど変わりません。公立小学校から中学校、高校と進んでいくと、進学の度にほとんどの人が入れ替わることになるでしょう。人脈作りという意味ではやはり一長一短になります。長い付き合いになるので、一生の関係を持つような親友に出会える可能性が高いのは、小学校受験をするメリットでしょう。しかし、人脈の幅広さや新しく出会った人と付き合う能力の獲得という意味では、公立に通った方が優れているとも考えられるのです。それを問題ととらえるかは、各家庭によって異なりますが、大学を出た時点で多くの人と知り合うことになり、それから人付き合いについて学び、人脈を広げていけば良いというスタンスを持つなら、小学校受験を選ぶと良いでしょう。