小学校受験を取り巻く背景とそれで得られるメリットとは

受験という言葉の前に「お」という頭文字がつくほど、特別なこととして認識されている小学校受験ですが、最近ではそのハードルが低くなっています。家庭や公立の小学校の環境が様変わりしつつある中で、普通の一般家庭の子であっても、受験をする時代になってきています。

小学校受験が増加しているその背景と問題

ひと昔前であれば、特別な家庭の子しか関係がなかった小学校受験が、今は一般的なものになってきています。その理由とは何なのでしょうか。まず、一人当たりの出産数が減少しているため、子供一人にかけられるお金と時間にゆとりがあることです。たくさんの兄弟が当たり前だった時代と違い、いまでは一人っ子の家庭も珍しくはありません。だからこそ、しっかりとした環境で教育を受けさせてあげたいという保護者が増えています。更に、ニュースなどで公立の学校の学級崩壊などの問題がよく報じられていることも、小学校受験が増加している一因です。公立の学校の環境を心配した保護者が、教育と教師の質が高い私立や国立の学校を選ぶことに、不思議はありません。

小学校受験のメリット

親も子も大変であろう、小学校受験をするメリットとは何があるのでしょうか。まず、私立や国立の学校はそれぞれ独自の教育理念や学校方針を持っているため、自分が子供に受けさせてあげたい教育を、たくさんある学校から選べるという点です。カリキュラムもそれに応じた教育を提供しますので、ある程度高い教育を子供に与えることが可能です。また、教師の異動が頻繁にある公立の学校とは違い、同じところで長い間務めている先生が多いことも魅力です。親子2代で同じ先生にお世話になった人も多いでしょう。更に、その学校の教育に賛同した親子が入学を決めるため、似たような環境や考え方を持った子が集まりやすいです。そのため、同じ価値観を持った友達を作りやすい環境であることは、子供にとって大きな受験のメリットと言えます。

小学校受験をするためにまず始めるべきこと

小学校受験をすると決めた場合、何から始めればいいのかと悩む保護者も多いでしょう。とりあえず、たくさんの学校について調べ、情報を集めることが重要です。その時点で明確な自分の教育方針を持っていなくても構いません。名前を少しでも聞いたことがある学校のパンフレットを取り寄せるだけでも、学べることは多いはずです。そうすれば、自分が子供に受けさせてあげたい教育というものが少しずつでも見えてきます。また、夫婦でしっかりと子供の教育方針についての話し合いも、小学校受験を意識する前には大事なことです。そこの考え方が異なったままで子供に受験をさせても、うまくいくはずがありません。受験には家族の協力が不可欠ですので、子供のことばかりを考えるのではなく、夫婦間の会話の時間を多く取れるように意識することが、受験成功の秘訣です。